Google
新着記事

2008年06月01日

6-1-2008

前社長「捨てるな」…船場吉兆使い回し、元仲居が証言
読売新聞
廃業日に突然解雇されたことについて「長年勤めたのに 退職金もない」と訴え、加入する「アルバイト・派遣・パート関西労働組合」は31日、同社に団体交渉を申し入れた。会見した女性は30歳代で、十数年前に採用され、仲居として勤務。調理場の従業員が手つかずの料理 ...


橋下知事「府債ゼロ」撤回、退職手当債発行へ
読売新聞
大阪府の橋下徹知事は、「府債発行ゼロ」の原則を撤回し、職員の退職金支給のための退職手当債を発行する方針を固めた。知事直轄の改革プロジェクトチーム(PT)が削減・廃止する考えだった事業のうち、知事自身が復活を指示したセーフティーネット(安全網)分野の財源 ...


1100億円の収支改善が現状困難 退職手当債を発行か
MSN産経ニュース
これを補うために府は、職員の退職金に充てる退職手当債(退手債)の発行を検討しているとみられる。橋下知事の「収入の範囲内で予算を組む」との意向をくみ、改革PTが今年度1100億円の収支改善を実現するためのPT案を作成した。しかし、橋下知事は29、30の ...


「突然の解雇でぼうぜん」
47NEWS
女性は「職を失いぼうぜんとしているところで説明され、退職金など何らかの補償があるかどうかも分からない」と生活への不安を訴えた。個人加盟の労働組合に入り、今後店側と交渉する。調理場では10年以上前から毎日のように、客が残した手付かずの料理を料理人が別の ...


山梨県教委:8350万円納付ミス 750万円追徴
毎日新聞
山梨県教委が、07年春に教職員185人の退職金から源泉徴収した所得税8350万円の納付を期限までに行わず、甲府税務署から延滞税と不納付加算税計約750万円を追徴されたことが分かった。県教委は不手際を認め30日に延滞税、不納付加算税を納付し、県教委は関係 ...


posted by Mark at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 退職金関係ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
大丸通信販売 Dmall.jp (大丸ホームショッピング)ゆかたを贈ろう
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。